Steel partitionスチールパーティションOffice Service

スチールパーティション
(可動式パーティション)Steel partition

オフィスビルで最も多く使われているパーティションがこちらのスチールパーティションです。
スチールパーティションは種類が多彩で、使用する目的や部屋で使い分けが可能です。
遮音性能を求める部屋には天井までパネルで仕切り、パネル内部へロックウールを充填します。
解放感を求める部屋にはガラスで仕切るパーティションを使用します。※飛散防止フィルムを施工します。
パネルとガラスを組み合わせ意匠性をもたせたパーティションも施工が可能です。
会議室で部屋の大きさを変えて使用する場合は、天井レールを埋め込んだ可動式パーティションを使用します。
遮音性にすぐれ、移動も手軽で使いやすく、場所をとらない薄型のため格納時もすっきりです。
実際に現場での施工をご紹介します。

全面ガラスパーティション

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

こちらは執務スペースと社⾧室を仕切るパーティション。
あらかじめ現場での実測で寸法を確認し、工場でつくられたパーツを現場で組み立てするタイプのパーティションになります。
工場で寸法を合わせて製作しますので、現場で部材を加工する時間が少なく短時間の施工が可能です。
フレーム枠を薄くすることでデザイン性にも優れています。
解放感をもたせ、遮音性にもすぐれたハイパフォーマンスパーティションです。

全面スチールパーティション/ガラス

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

こちらは執務スペースと応接室を仕切る遮音性能の高いパーティション。
あらかじめ現場での実測で寸法を確認し、天井高を合わせて搬入するタイプのパーティションです。
パネルの内部に吸音材(グラスウール)を充填することで防音性・遮音性能が更に高まります。
床から天井までジョイント部をなくし1枚のパネルで施工することでデザイン性もよくなります。
一部のパネルにガラスを組み込むことで解放感をもたせた部屋にすることも可能です。

スチールパーティション/ランマオープン(侵入防止バー取り付け)

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

こちらは執務スペースとサーバールームを仕切る侵入防止タイプのパーティション。
間仕切りをすることで空調の増設(移設)や防災機器類の増設(移設)をしなければならないことがあります。
上部を開口することで、サーバールームや機密倉庫など人と侵入を防止しなければいけない部屋もでてきます。
このような場合、上部を開口しながら侵入を防止するバーを取り付けることで解決できます。
侵入防止バーの本数は天井の高さや部屋の用途によって決めることが可能です。

スチールパーティション/ガラスブロックパネル(艶消しブラック)

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

こちらは執務スペースと来客打合せスペースを仕切るガラスタイプのパーティション。
あらかじめ現場での実測で寸法を確認し、床から天井までの距離を4等分。
艶消しブラックに焼付塗装したフレームに模様が入ったガラスを取り付けします。
ブラックフレームを使用することで、重厚感を持たせた空間をつくることができます。
ガラスにも数多くの種類があり、すりガラスや曇りガラスなどを採用すれば、顔やスペースの様子を隠すことができるのでプライバシーを確保しつつ、明かりを通し、他の壁では表現できない空間を演出することができます。

可動パーティション

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

こちらは会議室を必要な大きさに仕切る可動タイプのパーティション。
あらかじめ現場での実測で寸法を確認し、天井に寸法を合わせたレールを仕込みます。
そこへ工場でつくられたパネルを吊り込むタイプのパーティションになります。
工場で寸法を合わせて製作しますので、現場で部材を加工する時間が少なく短時間の施工が可能です。
移動も手軽でコンパクトに納まります。
パネル内部に吸音材(ロックウール)を充填することで防音性・遮音性の高いパーティションになります。

国内主要メーカー取扱

イメージ

工事内容に戻る