Restoration work原状回復工事Office Service

原状回復工事Restoration work

テナントビルから退去する際、原状回復工事が発生します。
原状回復工事とは、一般的に現在使用している状態から入居時の状態に戻すことをいいます。
契約内容で復旧内容は異なりますが、テナント都合で設置した間仕切りやそれに関わる設備関係を取り除き、貸主に返すことが定められています。
テナント側で設置した照明器具・電気配線・電話・LAN(ネットワーク配線)も対象になります。
それに、天井・壁・床を新しくすることが多いです。
(天井塗装、壁面塗装、壁クロス張替え、タイルカーペット張替え等・清掃)
弊社での原状回復工事の施工をご紹介します。

間仕切り・パーティション撤去

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

テナント側で設置した間仕切り(パーティション)には撤去が求められます。
原状回復工事で必要なスチールパーティション、アルミパーティション、LGS間仕切りの撤去・廃棄処分までさせていただきます。

天井設備・天井ボード 復旧工事

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

テナント側で設置した照明器具や天井設備(消防・防災)には撤去・復旧が求められます。
器具の撤去から復旧工事、天井ボードの貼り換え・補修まで全ての工事をさせていただきます。

分電盤復旧・各種配線撤去工事

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

テナント側で設置した電気・電話・LAN(ネットワーク)配線も撤去が求められます。
分電盤の整理から各種配線・OAタップ・通信機器等の撤去処分までさせていただきます。

壁面復旧工事(クロス貼り・塗装)

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

入居されてから退去されるまで、壁には汚れが傷がつくことが多く補修作業では処理できないことが多いです。
このような場合、壁クロスが貼られた壁には新しい壁クロスを貼り、塗装された壁には全面塗装をさせていただいて 仕上げます。
天井の復旧にも塗装(EP:エマルジョンペイント)をされることが多いです。

床タイル復旧工事

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

入居されてから退去されるまで、最も汚れがる頻度が高く、貼り換えを必要とされることの多い床材。
ビニル床タイルからタイルカーペットの貼り換え、必要に応じてOAフロアの復旧までさせていただきます。
床材には種類やグレードが多くありますので、現場確認をさせていただいて商品のご提示をさせていただきます。

窓・ブラインド清掃

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

長くご利用されてたオフィスは、窓やブラインドにも汚れがたまります。
窓のレール・ガラス面からブラインドの隅々まで綺麗に清掃させていただきます。
ブラインドの破損がある場合は修理(交換)が必要になります。

エアコン・各種設備・床清掃

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

長くご利用されてたオフィスは、エアコンやコンセントなどの設備にも汚れがたまります。
エアコン内部からフィルターまで綺麗に清掃させていただきます。
仕上げに床(タイルカーペット)面を掃除機で綺麗にして完工です。

施工現場の様子

大阪市東成区

  • イメージ

    家具・備品等の撤去処分

  • イメージ

    天井EP塗装

  • イメージ

    壁クロス復旧工事

  • イメージ

    タイルカーペット捲り処分

  • イメージ

    タイルカーペット張り替え

  • イメージ

    完工

工事内容に戻る